AGAによる脱毛の原因は、色々あります。まず遺伝が考えられます。ただ、遺伝が関係するのがAGAといわれていますが、遺伝子が原因だということはまだはっきりわかっていません。男性ホルモンの影響もあります。AGAの原因としては、最も大きな原因と言われているもので、5aリダクターゼという変換酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されることが原因とされています。

毛乳頭細胞にある受容体にこの成分が結合することで発毛が抑制されてしまうのです。髪には、ヘアサイクルがあり、本来なら成長期に太く長い毛が育つのですが、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すと、毛髪が太く長い毛に育つ前に抜け落ちてしまうのです。血流が悪化して毛乳頭に栄養が行き届かなくなるのもAGA原因の一つです。食生活や生活習慣が乱れると、新陳代謝が低下して血流は悪くなるので、普段の習慣も関係しています。AGAによる脱毛の症状は、3つのタイプがあります。頭頂部から始まるO型タイプ。額の生え際からどんどん後退していくA型タイプ。左右のそりこみが進行して前髪が残るM型タイプ。などがあります。
女性の薄毛に効果的な育毛剤はマイナチュレ【無添加無香料】がおススメ!