『ロシアが生んだ大文豪「チェーホフ」、その卓越したコミュニケーションスキル』についてです。よろしくお願い申し上げます。今回は作家「チェーホフ」について。本作家は筆者イチオシです。あの喜劇作家「三谷博」さんが一番尊敬されている作家が、じつはこのチェーホフなのです。このチェーホフなにが素晴らしいかというと、その他人との距離感です。通常、小説において主人公は、他の人物と(程度の差こそあれ)濃厚なコミュニケーションを取ります。そのことから話の起承転結が付くのですが、チェーホフ文学においては主人公がいつも「絶妙な他人との距離感」を有しています。他人の苦悩やあれこれにさほど深く突っ込まないのですね。(しかもそれは冷たいのではなく、思いやりから)この対人スキル、実は現代でも通用します。他人との距離感がつかめない人はやはり数多く、今の社会いるからです。名著「桜の園」はその悲劇性とは逆に、作者は「喜劇」であると断じます。チェーホフは他人と距離を置いて「観察」するからこそ、他人の悲喜こもごもがユーモラスに見えてくる、そんなところに理由がある気がします。みなさんも他人との距離感で疲れたら、チェーホフ作品を読まれてみることをお勧めします。 マイナチュレ育毛剤 効果